3月16日 今日は何の日 毎日の記念日・行事・過去の出来事をチェック

今日は何の日3月16日 ビジネス雑記

おはようございます。
にちようびブログのりょうです。

3月16日に誕生日の人おめでとうございます。

このページでは3月16日の記念日や行事、過去の出来事を書いています。
朝礼やスピーチに役立つ毎日のネタ帳に使ってください。

3月16日の記念日・行事

国立公園指定記念日

1934(昭和9)年のこの日、内務省が、瀬戸内海・雲仙(現在の雲仙天草)・霧島(現在の霧島屋久)の3か所を国立公園に指定し、日本初の国立公園が誕生した。

国立公園はわが国の風景を代表する自然の景勝地で、自然公園法に基づき、その保護と利用促進を図る目的で環境大臣が指定した自然公園である。

現在では34ヵ所の国立公園が存在する。

例として、阿寒摩周・大雪山・十和田八幡平・日光・富士箱根伊豆・中部山岳・吉野熊野・大山隠岐・瀬戸内海・雲仙天草・霧島錦江湾・阿蘇くじゅう・奄美群島などがある。

関連記念日
国立公園制定日 10月8日

財務の日

財務コンサルティング会社の株式会社財務戦略(現:トリプルグッド税理士法人)が制定。

「ざ(3)い(1)む(6)」の語呂合せと、所得税確定申告の期限の翌日であることから。

おかでんチャギントンの日

岡山県岡山市に本社を置き、岡山を中心に交通事業、運輸事業、まちづくり事業などさまざまな事業を手がける両備ホールディングス株式会社が制定。

チャギントンとはイギリスで生まれた鉄道アニメ「チャギントン」のことで、作品に登場する人気キャラクターのウィルソンとブルースターを、同社のグループ企業のひとつである岡山電気軌道株式会社(通称・おかでん)が実車化。

2019年3月16日に初めて岡山市内の路面電車に観光電車として走り出したことを記念したもの。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

ミールオンデマンドの給食サービスの日

岡山県倉敷市に本社を置き、高齢者福祉施設や病院などに配食を行う株式会社ミールオンデマンドが制定。

同社が展開するセントラルキッチン方式のクックチル食材による給食直営サービスを広めるのが目的。

記念日は3月16日と9月4日で、日付の由来は3と16で「ミール」、9と4で「給食」と読む語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

十六茶の日

いくつもの人気ブランド飲料を製造・販売するアサヒ飲料株式会社が制定。

同社が手がける健康16素材をブレンドして作られた「十六茶」を飲んで、自分の身体や大切な人を思いやる日にとの願いが込められている。

日付は1年を通じて飲んでもらいたいとの思いと「十六茶」の名前から毎月16日に。

健康16素材とは、たんぽぽの根、エゴマの葉、発芽大麦、ナツメ、玄米、大麦、昆布、ハブ茶、桑の葉、びわの葉、きび、カワラケツメイ、ハトムギ、とうもろこし、黒豆(大豆)、あわ。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

トロの日

神奈川県横浜市に本社を置き、全国で「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト株式会社が制定。

同社の人気食材である美味しい「トロ」のネタでお客様に喜んでもらい、各店舗ならびに業界を活気づけることが目的。

日付は16を「トロ」と読む語呂合わせから毎月16日に。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

ミドルの日

大阪市に本社を置き、男性用化粧品のトップメーカーとして知られる株式会社マンダムが制定。

自社製品の無香料の整髪料「ルシード」のリニューアルを記念して、日本を支えるミドル世代の男性の活き活きとした若々しい生き方を応援する日。

日付は3と16で「ミドル」と読む語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

世界の記念日

リップス感謝祭(Lips Appreciation Day)

顔の中で最も魅力的なパーツのひとつである唇は、人々の日常生活において大きな役割を担っています。唇は人を識別し、人の笑顔には欠かせないパーツです。

唇に感謝する日は、自分の唇を愛し、生涯を通じてより良いケアの方法を学ぶことを目的としています。この祝日の歴史を読んで、この日のお祝いの仕方を見てみましょう。

唇に感謝する日は、Wellcat Holiday(s)のThomas & Ruth Roy夫妻が、くちびるを大切にすること、くちびるの特徴を知ることを目的として制定した日です。

唇には汗腺や皮脂腺がなく、体の他の部位に比べて神経終末の密度が最も高いため、同じ印象の人はいません。

また、唇には官能的な魅力があり、エロティックゾーンともいえるし、結婚相手を選ぶのに役立つフェロモンを発することもある。

唇への感謝は、リップクリームで唇を保湿したり、口紅を塗って写真を撮ったりするなど、唇のためにいいことをすることです。

唇感謝デーでは、日焼け止め効果のあるリップクリームを使用したり、唇をなめるだけで安定した潤いが得られるなど、唇のケアの重要性も強調されています。

唇には汗腺がないため、乾燥や紫外線によるダメージ、さらにはがんにもなりやすいのです。

唇は言葉を発するのにも重要な役割を果たしているので、この日は自分の唇に感謝しながら話してみてはいかがでしょうか。

唇に感謝することは、自信や個性を育み、一日の中で特別な気分を味わうことにつながります。

この日を記念して、唇から始めて、毎日少しずつ自分を愛するようにしましょう。

セント・ウルホ・デー(St. Urho’s Day)

聖ウルホは一風変わった人物です。伝説によると、彼はフィンランドからバッタを追い出し、「バッタ、バッタ、地獄に落ちろ!」と叫びながら、ワイン用のブドウ畑を破壊から救い、ブドウと労働者の仕事を守り、酸っぱいミルクと魚のスープで強化しました。

この例から、彼はヒーローになったのである。聖パトリックに似ていると思いませんか?

それは、聖パトリックが彼に影響を与えたからである。

フィンランド版のアイルランドの聖人として、ミネソタ州には彼の像があり、彼の犠牲を称えて大きなバッタを持って描かれている。

この日、人々は紫と緑の服を着て、ワインを飲みながら彼の物語を朗読して祝います。

面白いことに、聖ウルホは存在しないし、存在したこともないのです。

彼は、純粋な魅力とユーモアから生まれた物語なのだ。

この物語の発端は、ミネソタ州バージニアにあるデパートのオーナー、リチャード・マットソンであるという説が多い。彼は友人たちと一緒にジョークでこのキャラクターを作った。

しかし、この話は南部の州を中心に全国に広まり、その地域に住むフィンランド人たちは、この聖人を自分たちの国の伝統の一部として祝うようになったという伝説がある。

また、ミネソタ州ベミジに住むフィンランド人のSulo Havumakiは、聖ウルホの物語が彼の地域のアイデンティティの一部であり、ペストからバッタへとテーマを変えたとされています。

ノーセルフィーズデー(No Selfies Day)

テクノロジーの進化とソーシャルメディアの誕生により、自撮り写真は日常的にアップロードされる写真の一つとなりました。

この成長を加速させるために新しいデバイスが開発され、私たちはソーシャルメディアにアクセスするたびにその影響を目にすることができます。

No-Selfie Dayは、自撮りがどれほど私たちの文化の一部になっているかに光を当てるために制定されました。

平均的な女性は、完璧な自撮りをするために、毎週1時間24分を費やしていることが明らかになっています。

このような行為は、自分が特別な存在であると認められたいという欲求に基づいており、自尊心を高めるために最も多くの「いいね!」を獲得する完璧な写真を準備するのです。

表面的には何の問題もないように見えますが、それがいかに人間同士を隔てているか、そして何の気付きもなく自撮り写真を投稿することがいかに有害であるかを考えてみてください。

気づいてもらうことが評価や自尊心につながるのであれば、気づいてもらえないことはどうでしょうか。

さらに、完璧な自分を共有する必要性は、社会的な美の概念を構築することになります。

これもまた良いことのように思えますが、もし私たちの自撮り写真が素人によって撮影されたものであれば、必ずしも完璧な写真に洗礼されたバージョンであるとは限りません。

しかし、芸術と同じように、自撮りをすることで自撮りの技術が身につき、中には写真編集ソフトの使い方まで学ぶ人もいます。

ファッション業界にとっては、非現実的な美の理想を宣伝する必要がなくなり、私たちが率先して自分たちでやるようになったことは、何よりの救いでしょう。

パンダの日(Panda Day)

ジャイアントパンダは大きなフワフワした楽しいボールで、世界中で最も愛されている動物のひとつです。

だから、彼らに特別な日があっても不思議ではありません。

パンダは約2,000万年前から生息しており、現存する最古のクマの種です。アライグマとの共通点もありますが、実際にはクマ科の動物です。

パンダは祖国中国では古くから尊敬されてきましたが、そのシャイで孤独な性格から、中国の歴史や芸術に登場することはほとんどありません。

熊1頭はもちろん、恥ずかしいほどのパンダ(パンダという動物の優れた総称です!)に出会える可能性は常に低いのです。

しかし、パンダはその不器用で愛すべきキャラクターで非常に人気があり、1980年代には台湾の動物園がサンマを白黒に塗り替えてジャイアントパンダにしようとしたこともあるほどです。

パンダの日は、この美しいクマを保護する必要性から生まれました。

悲しいことに、この大きなクマが現在の枯渇した状態から回復するチャンスを得るためには、保護活動が必要なのです。

野生では2〜3,000頭、飼育下では数百頭しか残っておらず、私たちが行動を起こさなければ、この貴重な哺乳類を永遠に失う危険性があります。

パンダの日」は、都市化や気候変動などの脅威からパンダの生息地を守るための取り組みを促進し、世界中でパンダの保護を支援することを目的としています。

国際自然保護連合(IUCN)が2016年にパンダを「絶滅危惧種」から「脆弱種」に格下げするなど、数十年にわたる保護活動のおかげでパンダの数が徐々に再び増え始めていることから、最終的には希望の日となっています。

私たち全員が力を合わせれば、このような素晴らしい進歩を続け、現在も未来もパンダが安全で繁栄することができるのです。

情報公開の日(Freedom Of Information Day)

1966年7月4日に「情報自由法」が制定され、その日から1年後に施行された。

1966年7月4日に「情報自由法」が制定され、1年後に施行された。

これにより、ジェームズ・マディソンが大切にしていた概念が法制化され、米国市民が自分の権利である情報を得ることができるようになったのである。

3月16日はこんな事もありました。

760年 和同開珎の偽作が出回った為、銅貨の万年通宝・銀貨の太平元宝・金貨の開基勝宝を鋳造。

1017年 藤原道長の長男・頼通が摂政に就任。(新暦4月15日)

1521年 ポルトガルの探検家マゼランがフィリピン諸島に到達。

1561年 長尾景虎が上杉憲政の譲を受けて関東管領となり上杉景虎と改名、後の上杉謙信。(新暦3月31日)

1872年(明治4年) 世界で最も古いサッカー大会・FAカップの第1回大会の決勝戦が行われ、ワンダラーズFCが優勝。

1882年(明治15年) 新橋~横浜の鉄道に初の快速列車が走る。

1885年(明治18年) 『時事新報』の社説として福沢諭吉の脱亜論が掲載される。

1900年(明治33年) 「鉄道営業法」公布

1910年(明治43年) 鈴木梅太郎がビタミンB1(オリザニン)の抽出に成功。

1926年(大正15年/昭和元年) アメリカ・クラーク大学のロバート・ゴダードが世界初の液体燃料ロケットの発射に成功。

1928年(昭和3年) 日本統治下の台北に台北帝国大学が設置される。

1928年(昭和3年) キリンレモンの販売が開始。

1935年(昭和10年) アドルフ・ヒトラーが、ドイツがヴェルサイユ条約を破棄し、再軍備すると宣言。(ドイツ再軍備宣言)

1939年(昭和14年) ヒトラーがボへミア・モラヴィアの保護領化を宣言、チェコスロバキア国家が解体。

1946年(昭和21年) 12代片岡仁左衛門一家5人が、食べ物の恨みにより同居人に惨殺される。

1952年(昭和27年) フランスの海外県レユニオン島シラオスで、1,870mmの24時間雨量の世界記録を観測。

1954年(昭和29年) 読売新聞がビキニ水爆実験による第五福竜丸被爆をスクープ。

1968年(昭和43年) ソンミ事件、ベトナム戦争で米軍のカリー中尉の小隊が、ソンミ村の村民109人を虐殺。

1978年(昭和53年) フランス・ブルターニュ半島沖で大型夕ンカー「アモコ・カディズ」が坐礁、史上最大の海洋汚染事故に。

1980年(昭和55年) 都営地下鉄新宿線・新宿駅 – 岩本町駅が延伸開業し、京王線と相互直通運転を開始。

1986年(昭和61年) スイスで国連加盟を問う国民投票が行われ、76.6%の反対により否決。

1988年(昭和63年) ハラブジャ事件、イラクのサダム・フセイン政権が、クルド人が多く住む東部のハラブジャで化学兵器を使用し、多数の住民を殺害。

2002年(平成14年) フランス マルヌ・ラ・ヴァレにディズニーランド・パリに次ぐ2つ目のテーマパーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークが開園。

2003年(平成15年) イラク戦争開戦前に世界規模の抗議行動が行われる。

2013年(平成25年) 東急東横線渋谷駅地下化、みなとみらい線~東武東上線・西武池袋線の相互直通運転開始、同時に東京メトロ日比谷線との相互直通運転廃止。

コメント

タイトルとURLをコピーしました