4月25日 今日は何の日 毎日の記念日・行事・過去の出来事をチェック

今日は何の日4月25日 ビジネス雑記

おはようございます。
にちようびブログのりょうです。

4月25日に誕生日の人おめでとうございます。

このページでは1月13日の記念日や行事、過去の出来事を書いています。
朝礼やスピーチに役立つ毎日のネタ帳に使ってください。

4月25日の記念日・行事

世界マラリアデー

2000年のこの日にナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれたことを記念して、同会議でこの日を「アフリカ・マラリア・デー」として制定。

2015年はアフリカを中心に91の国と地域でマラリアが流行し、感染者は推定で2億1200万人、死亡者数は43万人に登った。

マラリアは亜熱帯・熱帯地域を中心に感染者数が多く、人類に甚大な健康被害をもたらしている感染症。

世界マラリアデーは2007年5月、世界保健機関(WHO)によって制定された。

世界ペンギンの日(World Penguin Day)

南極大陸のアデリーペンギンが、夏の繁殖後に海に移動する途中、毎年この日前後に南極にあるアメリカのマクマード基地を通過することから、研究者が“ペンギンの日”とお祝いしたことが始まりだといわれています。

DNAの日(DNA day)

1953年(昭和28年)のこの日、分子生物学者のジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックらによるDNAの二重らせん構造に関する論文が科学雑誌『ネイチャー』に発表。

ギロチンの日

1792年のこの日、フランス議会でギロチンが正式に処刑道具として認められた。

当時はフランス革命後の恐怖政治により、毎日何百人もの人が処刑されていた。

そこで、内科医で国民議会議員だったジョゼフ・ギヨタンが、受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも全ての身分が同じ方法でできるような「単なる機械装置の作用」により行うよう議会で提言し、その案が採択された。

外科医のアントワヌ・ルイが設計の依頼を受けて、各地の断頭台を研究し、刃を斜めにする等の改良を加えた。

このため当初は、ルイの名前をとって「ルイゼット(Louisette)」とか「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていたが、この装置の人間性と平等性を大いに喧伝したギヨタンの方が有名になり、ギヨタンから名前をとった「ギヨチーヌ(Guillotine)」(ドイツ語読みで「ギロチン」)という呼び名が定着した。

フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

国連記念日

1945年(昭和20年)のこの日、サンフランシスコで国際連合憲章が発効して国際連合が正式に発足したことにちなむ。

国際連合(国連)の主たる活動目的は国際平和の維持(安全保障)、そして経済や社会などに関する国際協力の実現。

2011年(平和23年)7月現在の加盟国は193ヵ国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中で最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。

1948年の 10月24日は国際憲章の記念日であり、国際連合総会はこの日を「国連の目的と成果を世界の人々に知らせ、国連の責務の支持を得ることに捧げる」と宣言した。

ファーストペイデー,初任給の日

多くの企業での4月の給料日で、新入社員が初めての給料を受け取る日。

初任給とは、学校を卒業して正規雇用されるようになった人が、最初に受け取る給料のこと。

TMS・感動新婚旅行の日

愛知県名古屋市に本社を置き「私たちは感動を提案します。」をモットーにオリジナル新婚旅行ツアーなどを手がける株式会社トラべルマネジメントシステム(TMS)が制定。

二人の大切な思い出となる「新婚旅行」を文化として残したい、これから始まる二人の人生と言う旅で「新婚旅行」を楽しく思い出す一助となりたいとの願いが込められている。

日付は4と25で「新婚旅行シーズンの4月に2人で行く(GO=5)」の組み合わせから。

同社は春のゴールデン・ウィークの時期を前に「相談からはじめる新婚旅行相談会」などを開く。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

失語症の日

脳出血、脳梗塞などの脳血管障害や交通事故などで脳が損傷すると「聞く」「話す」「読む」「書く」などの機能が損なわれてしまう失語症。

日本には約50万人いるとされる失語症の人の福祉や医療に関する活動、病気についての啓発などを行うNPO法人日本失語症協議会が制定。

コミュニケーションを取ることが困難な失語症の人は社会からの理解を得られにくく、十分な支援を受けられていないのが実情で、不適切な対応をされて社会的に孤立している人も少なくない。

記念日を通じて大勢の人にこの障害について知ってもらい、支援を広げることで失語症の人の社会参加を進めるのが目的。

日付は4と25で「し(4)つ(2)ご(5)=失語」と読む語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

しあわせニッコリ食で健康長寿の日

福岡県福岡市に本社を置き、ヘルスケア商品、スキンケア商品などの製造・販売を行うキューサイ株式会社が制定。

「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」を推進している同社が健康長寿には「運動・食事・交流」が重要として、2月25日の「ひざ関節の日」(運動)、3月25日の「みんなでニッコリみんなで健康長寿の日」(交流)とともに、食事の大切さを多くの人に知ってもらうのが目的。

日付は4と25で「しあわせ(4)ニッコリ(25)」の語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

プリンの日

牛乳や加工乳、乳飲料、ヨーグルトなどの乳製品メーカーで、岡山県岡山市に本社を置くオハヨー乳業株式会社が制定。

プリンの人気商品が多いことから制定したもので、日付は25を「プリンを食べると思わずニッコリ」の「ニッコリ」と読む語呂合わせから毎月25日とした。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

小児がんゴールドリボンの日

その治癒率は年々向上はしているものの、依然として子どもの病死原因として最も多い小児がん。

日々、その病と闘っている子どもたちのことをもっと知ってもらい、支援の輪を広げ、子どもたちに笑顔を取り戻して欲しいと「認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク」が制定。

日付は4(しょう)と2(に)と5(ゴールドリボン)の語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

世界の記念日

解放記念日(イタリア)

1945年のこの日、ナチス・ドイツの連合国への降伏決定に伴い、ムッソリーニのイタリア社会共和国が政権崩壊した。

解放記念日(ポルトガル)

1974年のこの日、ポルトガルで軍事クーデターが起こり、マルセロ・カエターノ首相による独裁政権が終焉した。

シナイ解放記念日(エジプト)

1982年のこの日、イスラエルが15年間占領していたシナイ半島がエジプトに全面返還された。

ANZACの日(オーストラリア)

第一次大戦・ガリポリの戦いで勇敢に戦ったオーストラリア・ニュージーランド軍団(ANZAC)を賛える日。

ピンホール写真の日(Pinhole Photography Day)

Pinhole Photography Dayは、ピンホール写真の芸術を讃えるために作られました。

デジタル写真が普及した現代において、ピンホール写真の日は地味なピンホールカメラを祝う日です。

ピンホールカメラを持っていても、作っていても、その写真をシェアしてください。

配管工を抱きしめようの日(Hug A Plumber Day)

私たちの生活に暖かさと快適さをもたらしてくれた知られざるヒーローがいます。彼らは毎日、家に水が流れていること、トイレが人間であることの不名誉な結果を洗い流してくれること、服が洗えること、そして汚れを落としてくれることを保証するために働いています。

Hug A Plumber Dayは、現代の生活を清潔に保つために重要な役割を果たしているこれらの人々を称賛することを思い出させてくれます。

配管工の歴史は、内水道や下水道の誕生にまでさかのぼり、自然発生的な淡水域から離れた場所に文明が広がったことに責任を負っています。

当初、配管工はコミュニティから出るすべての排水を、コミュニティが建設された川や海にパイプで流すように努めていましたが、時間とインフラが改善されるにつれ、真水を内陸に運び、下水を自然の水路に流すことができる処理場へと移動させる巨大なパイプラインを建設しました。

配管工の中でも最も目につきやすく、また最も重要な種類の一つが、地域のすべての家庭にサービスを提供する配管工です。

家の中で水漏れが発生したら、配管工を呼びます。

トイレが詰まって、プランジャーではどうにもならない。そんなときは配管工を呼びます。

新築の家を建てるときに、すべての配管が正しく接続されていることを確認する必要がありますか?配管工は、あなたの家がこれからもずっと快適に過ごせるようにサポートしてくれます。

「Hug A Plumber Day」では、配管工のたゆまぬ努力のおかげで現代の快適な生活が送れていることを思い出し、配管工に感謝の気持ちを伝えるためにハグをすることができます。

金融立国啓発デー(Financial Independence Awareness Day)

経済的自立は誰もが憧れるものですが、それを実現するための方法をよく知らない人が多いのも事実です。

そこで、この状況を変えるために、「International Financial Independence Awareness Day」が設けられました。

この日は、経済的自立につながるシンプルなルールを共有し、あなたの人生をより良いものにすることを目的としています。

経済的自立啓発デーは、経済的自立を達成するための方法を見つけ、その目標に関連する情報を共有することを目的としています。

では、経済的自立とは何でしょうか?簡単に言うと、生活費をすべて賄えるだけの収入を資産から得られるようになることです。

この状態になると、毎日会社に行って誰かのために働いて給料を得ることに依存しなくなります。

つまり、経済的に自立したことになります。

経済的に自立すると、あらゆる種類の新しいチャンスが広がります。この日はそれを祝い、人々が人生の中でその時点に到達するのを助けるための日です。

経済的自立意識向上日には、「25の法則」と「4%の法則」という2つのルールがあります。

25の法則」は、年間支出の25倍の金額を老後のために貯める必要があるかどうかを定義することで、将来の計画を立てるのに役立ちます。

4%ルールは、1年間にどれだけの株式ポートフォリオを使ってもお金が足りなくならないかを判断するものです。

2019年は「金融自立啓発デー」の1年目なので、この日の歴史は比較的浅い。

経済的自立の力と、それがどのように人生を変えることができるかを知っている人々によって設立されました。

彼らには、そうした秘密を共有し、より多くの人にとって経済的自立が現実的な目標となるようにしたいという思いがあります。

この日は、上述の2つの重要なルールをまとめ、その力をより多くの人に知ってもらうことを目的としています。

アンザック・デー(Anzac Day)

どの国にも、自分たちの自由、伝統、家を守るために戦い、死んでいった人々を記念する日があります。

オーストラリアとニュージーランドには、アンザック・デーがあります。

これは、優秀な成績で国に貢献したすべての人々、特に故郷に帰れなかった人々を追悼する日です。

世界のどこに住んでいようと、各国の戦没者は尊敬と称賛に値します。

アンザック・デーには、これらの国が世界の戦争で果たした役割について学び、敬意をもって記憶にとどめておきましょう。

アンザック・デーの歴史を理解するためには、アンザックが「Australian and New Zealand Army Corps」の略であることを知ることが重要であり、そこから兵士の一人である「アンザック」という言葉が生まれました。

この記念日は、オーストラリア・ニュージーランド両軍が最初に大きな犠牲者を出した戦争の記念日に設定されています。

そのため、ニュージーランドもオーストラリアもこの日を重要視し、毎年厳粛に祝っています。

1916年、南オーストラリア州のアデレードで最初のアンザック・デーが祝われ、この日を記念して建てられた最初の記念碑もあります。

この記念日は、年を追うごとに重要性を増し、第二次世界大戦が勃発すると、世界中で多くの兵士が亡くなりました。

彼らは、女性の権利や同性愛者の権利などのためにも戦っていますが、そのきっかけとなったのは、他の文化圏の兵士による一般女性の虐待でした。

マラリアの日(Malaria Day)

マラリアは、感染した蚊に刺されることで感染する深刻な病気です。

マラリアは、蚊に刺されることで感染し、発熱や悪寒を伴い、速やかに治療を受けなければ命に関わることもあります。

実際、毎年2億人以上の人がマラリアに感染し、毎年約50万人がマラリアで不必要に死亡しています。

現代においても、世界の半数の人々が、予防と治療が可能なこの病気の危険にさらされているのです。

ここ数十年でマラリア対策は大きく前進しましたが、最近は少し停滞しています。

この致命的な病気を根絶するためには、世界はまだ大きく前進しなければなりません。

マラリアデーは、この難病の蔓延を防ぎ、根絶するために国際社会が成し遂げてきたことを振り返ることを目的として始まりました。

また、この日は、マラリア対策で目覚ましい成果を上げた国際社会が、今日の社会に蔓延している他の感染症との戦いと対策に向けて、再び団結することを目的としています。

マラリアデーは、人々が集まり、マラリア撲滅のために未来への投資を継続することを約束する日です。

この日は、世界保健機関(WHO)の一部である世界保健総会で合意された2007年に制定された国際的な記念日です。

この日を広めるために、民間企業、「Malaria No More」や「Spread the Net」のような多国籍組織、「Mosquitoes Suck Tour」のような草の根組織など、さまざまな団体が協力しています。

マラリアデーの重要な点は、(マラリア患者が最も多い)アフリカ諸国の政治・行政のリーダー、コミュニティ、民間企業を巻き込む努力をすることです。

そして、これらの国の人々が繁栄するための行動をとるように促します。

この運動のテーマは「Zero Malaria Starts with Me」です。

マラリアデーがオンラインにならざるを得なかった2020年の間も、ソーシャルメディアを通じて世界中の人々が一体となった「バーチャル拍手」によって、マラリアデーの重要性が認識されました。

この拍手は、マラリアやコヴィドをはじめとする多くの病気との戦いの最前線で働く医療従事者への感謝を表すものでした。

マラリアの罹患率や死亡率は依然として高く、撲滅に向けて前進するためには、事実を共有することが非常に重要なのです。

次の世代でマラリアを撲滅することを目標に、マラリアデーは成長を続けています。

マラリアデーは、世界中のさまざまな人々によって祝われています。

そして、この強力なグループが、より良い未来のために確実に変化をもたらすのです。

DNAデー(DNA Day)

DNAデーは米国議会によって公式に制定されましたが、DNAについてもっと知りたいという学生や一般の人々のために、NGHRI(国立ヒトゲノム研究所)がイベントや講演を企画し、ホールに出向いて話しているようです。

この日は、ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックが二重らせんを発見(論文発表)してから50年目の記念日であり、13年の歳月をかけて行われたゲノムプロジェクトの完了日でもあります。

ヒトゲノムプロジェクトは2003年4月に完了しており、この日は二重らせんの発見とともにそれを記念する日でもあります。

ズッキーニブレッドの日(Zucchini Bread Day)

ズッキーニは、他の材料の味を受け継ぎやすい野菜です。

キャセロールや炒め物、サイドディッシュなどの香ばしい料理によく使われる食材です。

しかし、ベーカリー製品にも使われる、おいしくて健康的な食材であることを知らない人も多いのではないでしょうか。

ズッキーニに馴染みのない人は、「ズッキーニブレッド」を作ることに違和感を覚えるかもしれません。

あの緑の瓜のような野菜を使って美味しいパンを作る?怪しいと思われるかもしれません。

しかし、実際に食べてみると、その美味しさに魅了されてしまう人がほとんどなのです。

しっとりとした甘みのあるこの人気のパンは、その美味しさゆえに独自の記念日を設けることができます。

「ズッキーニパンの日」です。

世界ペンギンデー(World Penguin Day)

ペンギンは、動物界で最も愛らしく、愛すべき印象的な生き物です。この飛べない鳥のために、1日を捧げてみませんか?

世界ペンギンデーは、ペンギンとその環境、生態系にとってのペンギンの重要性、ペンギンが直面している脅威について、人々にもっと知ってもらうことを目的とした、お祝いと教育のためのイニシアチブです。

この日のことをもっと知りたいですか?では、早速潜ってみましょう

世界ペンギンデーは、南極に生息するペンギンの一種であるアデリーペンギンが、毎年北上する時期に行われます。

アデリーペンギンは、海氷が拡大する冬の間に餌を入手しやすくするために北上し、夏には南極の海岸に戻って巣を作ります。

この年に一度のペンギンの祭典は、ロス島にあるアメリカの研究センター、マクマード基地で生まれました。

アデリーペンギンが毎年この日に移動を開始することに気づいた研究者たちが、この日を記念してペンギンの存在をアピールするために「世界ペンギンデー」を制定しました。

世界ペンギンデーはアデリーペンギンの移動習慣に由来していますが、この日はすべての種類のペンギンを祝い、水を好む生き物の窮状を訴えています。

現在生息している約17種(分類方法によって種の総数は異なりますが、少なくとも17種、場合によっては20種にもなります)のうち、悲しいことに、10種が国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種または脆弱種とされ、3種が絶滅危惧種に近いとされています。

ペンギンは、人生の4分の3を海で過ごし、食料を海に依存しています。

そのため、乱獲や、プラスチックや石油の流出などの汚染は、ペンギンにとって深刻な脅威となっており、個体数の減少につながり、それがより広い生態系に影響を与えています。

また、南極に生息する種(皇帝ペンギンとアデリーペンギン)は、気候変動によって海氷が減少しており、生息地に影響を与えるだけでなく、ヒナの孵化時期や餌の入手にも影響を与えています。

世界ペンギンデーでは、この素晴らしい動物たちに感謝し、彼らが直面している苦境に目を向けるよう呼びかけています。

ペンギンを愛する人たちは、海の保護、汚染の防止、気候変動への取り組み、例えば、化石燃料の燃焼に反対するなどの活動を通じて、変化をもたらす手助けをすることができます。

ペンギンがいかに広く愛されているかを考えると、大衆文化の中でペンギンが頻繁に登場するのも不思議ではありません。

また、ドリームワークの『マダガスカル』シリーズには、『マダガスカルのペンギン』という映画とテレビシリーズがあり、セントラルパーク動物園の4羽のペンギンの冒険を描いています。

例えば、児童書『Mr.Popper’s Penguins』はジム・キャリー主演で映画化されていますし、テレビシリーズ『ピングー』では、多くのペンギンが意味不明の言語「ピングー語」を話しています。

また、「ウォレスとグルミット」シリーズに登場する悪役のペンギン、フェザー・マクグロウは、最初はニワトリに変装して犯罪行為を隠していました。

4月25日はこんな事もありました。

紀元前404年 アテネがスパルタに降伏し、ペロポネソス戦争が終結。

1185年(元暦2年3月24日) – 壇ノ浦の戦い、平氏一門が滅亡。

1608年(慶長13年3月11日) – 征夷大将軍を辞した徳川家康が駿府城に移り住む。

1644年(崇禎17年/永昌元年3月19日) – 李自成が率いる叛乱軍が北京を占領、崇禎帝が自害して明が滅亡。

1719年 ダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険』が刊行。

1783年 フランスのモンゴルフィエ兄弟が熱気球の実験に成功。

1792年 ジョゼフ・ギヨタンの提案により「単なる機械装置の作用(ギロチン)」による死刑の執行がフランス国民議会で採択。

1792年 フランス軍の工兵部隊大尉ルージェ・ド・リールがライン方面軍のための行進曲「ラ・マルセイエーズ」(後のフランス国歌)を完成。

1859年 スエズ運河が着工、10年後の1869年に完成

1868年 新選組の近藤勇が処刑。(新暦5月17日)

1868年(慶応4年/明治元年4月25日) 福澤諭吉が江戸鉄砲洲の英学塾を芝新銭座に移し慶應義塾に改称。

1868年(明治元年) ハワイへの密航移民約150人が横浜を出港。(新暦5月17日)

1919年(大正8年) ドイツ・ワイマールに美術工藝学校「バウハウス」設立。

1934年(昭和9年) 新橋演舞場で吉本興業が特選漫才大会を開催、上方漫才が東京に初進出。

1939年(昭和14年) この日発売の雑誌『Detective Comics』27号でバットマンが初登場。

1945年(昭和20年) 第二次世界大戦、ドイツに進撃した米ソ両軍がエルベ川で遭遇。(エルベの誓い)

1953年(昭和28年) ワトソンとクリックが英国の科学雑誌『Nature』で、遺伝子の本体DNAが二重螺旋構造をなしていることを発表。

1963年(昭和38年) 大阪駅前に日本初の横断歩道橋が完成。

1974年(昭和49年) カーネーション革命: ポルトガルで国軍運動(MFA)が軍事クーデターを起こし、市内の要所を占拠、マルセロ・カエターノ首相が国軍運動に政権を移譲しエスタド・ノヴォが終焉。

1980年(昭和55年) 日本政府がJOCに、モスクワ五輪に参加しないよう通告。

1982年(昭和57年) イスラエルが15年間占領していたシナイ半島が、エジプトに全面返還。

1989年(昭和64年/平成元年) 竹下登首相がリクルート事件による政治不信の責任を取って予算成立後の辞任を表明。

2002年(平成14年) 最高裁判所で「ゲームソフトは著作権法上の映画の著作物に該当するが、その頒布権は消滅するので中古品売買は自由に行うことが出来る」とする判決が下される。

2003年(平成15年) 六本木ヒルズが街開き。

2007年(平成19年) 日本の小惑星探査機「はやぶさ」が、小惑星「イトカワ」から地球への帰還のための本格巡航運転を開始。

コメント

タイトルとURLをコピーしました