5月8日 今日は何の日 毎日の記念日・行事・過去の出来事をチェック

今日は何の日5月8日 ビジネス雑記

おはようございます。
にちようびブログのりょうです。

5月8日に誕生日の人おめでとうございます。

このページでは5月8日の記念日や行事、過去の出来事を書いています。
朝礼やスピーチに役立つ毎日のネタ帳に使ってください。

5月8日の記念日・行事

世界赤十字デー

1948年にストックホルムで開催された第20回赤十字社連盟理事会で決定。

赤十字の創始者、スイスのアンリ・デュナンの1828年の誕生日。

1859年にスイス人のアンリー・デュナン(赤十字の創始者)が、イタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノで「苦しむ人は敵味方関係なく救護しなくてはならない」、敵味方の区別なく苦しむ兵士を助ける中立・博愛の団体の創設を提唱した。

1864年にジュネーブ条約が結ばれて国際赤十字が誕生、日本も1886年(明治19年)に加盟した。

ゴーヤーの日

JA沖縄経済連と沖縄県が1997年に制定。

五(ご)八(や)で「ゴーヤー」の語呂合せと、5月からゴーヤー(苦瓜)の出荷が増えることから。

シーサーの日 4月3日
パインの日 8月1日
沖縄そばの日 10月17日
泡盛の日 11月1日

ホールケーキの日

福岡県福岡市に本社を置き、洋菓子の製造、販売などを行う「パティスリー イチリュウ」を各地に店舗展開する有限会社一柳が制定。

記念日を通して大切な人との時間を幸せで価値のあるものにし、年に数回しか食べないであろう「ホールケーキ」をもっと身近に感じてもらいたいとの願いが込められている。

日付は1週間ごとのカレンダーの1日の下には必ず8日があることから1をロウソクに見立て、8を丸いケーキの土台とすることで「ホールケーキ」を連想させる毎月8日に。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

歯ブラシ交換デー

ハミガキ、歯ブラシなどのオーラルケア製品をはじめとして、暮らしに役立つさまざまな日用品を製造販売するライオン株式会社が制定。

歯ブラシは歯と口の健康を守るうえで大切なハミガキに欠かせない。

しかし、1か月間使用することで毛先が開いて歯垢を除去する力が低下してしまうことから、毎月歯ブラシを交換する習慣を広めていくのが目的。

日付は歯ブラシの歯(ハ=8)から毎月8日に。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

生パスタの日

生めん類の製造業者の団体である全国製麺協同組合連合会が制定。

素材の風味、味、コシなど、生パスタの魅力を多くの人に知ってもらうのが目的。

日付は7と8で「生=な(7)ま・パ(8)スタ」と読む語呂合わせから毎月7日と8日に。

また、同連合会では別に7月8日も「生パスタの日」に制定している。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

VSOP運動の日

公益社団法人日本青年会議所の経世済民会議が制定。

企業や商店が本業を通じて定期的に地域へ社会貢献を行うVSOP運動をより多くの人に知ってもらうのが目的。

日付は本業が休みで翌日は休息が取れ、本業に支障をきたさないと思われる人が多い月初月末を外した毎月第2土曜日に。

ちなみにVSOPとは「Volunteer Service One day Project」の略。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

紙飛行機の日

広島県福山市に本拠を置く、折り紙ヒコーキ協会が制定。

一枚の紙を折るだけで作る「おりがみ」紙飛行機の楽しさ、魅力をより多くの人に伝えるのが目的。

日付けは5と8を「GO(5)HIGH(8)」と読んで「行け、空高く」と5月の青空に高く飛んで行く紙飛行機の飛ぶ姿を表している。

また、知的障害と白血病というハンデを背負いながら、多くの人に愛と勇気を教えてくれた紙飛行機が大好きな少年、井上健史君の命日にちなんで。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

小鉢の日

兵庫県神戸市に本社を置き、豆製品や昆布製品、お惣菜など健康に根差した食品を数多く製造販売するフジッコ株式会社が制定。

いつもの食卓に小鉢のおかずをプラスすることにより、和食の理想である「一汁三菜」の食事で栄養のバランスをとってもらうのが目的。

日付は5と8で「小(5)鉢(8)」の語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

信州地酒で乾杯の日

信州地酒で乾杯の日推進協議会」が制定。

信州の地酒普及促進・乾杯条例に基づき、長野県で製造される清酒、ワイン、ビールなどの酒類(地酒)の普及促進が目的。

生産から流通、販売、消費者が一丸となって信州の地酒の消費拡大、関連産業の発展を目指す。

日付は数字の8が乾杯のときに杯やグラスを重ね合わせたとき上から見た姿と似ていることから毎月8日に。

【信州地酒で乾杯の日推進協議会構成団体】長野県小売酒販組合連合会、長野県酒造組合、長野県ワイン協会、長野県飲食業生活衛生同業組合、長野県旅館ホテル組合会、(一社)長野県観光機構、(一社)長野県経営者協会、長野県中小企業団体中央会、(一社)長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、全国農業協同組合連合会長野県本部、NAGANO WINE応援団運営委員会、長野県

一般社団法人 日本記念日協会より引用

ごはんパンの日

長野県小海町に本社を置く有限会社「高原のパンやさん」が制定。

天然酵母の生地に、信州りんごを堆肥にして土づくりをし、無農薬で育てた「信州りんご米」をふっくらと炊きあげたごはんを30%練り込み、おからや野沢菜などを具に包み込んでおやき風に焼き上げた同店の人気商品「ごはんパン」を多くの人に知ってもらうのが目的。

日付は5と8で「ご(5)はんパ(8)ン」の語呂合わせから。

また、ごはんとパンは母のイメージから「母の日」に近いこともその由来のひとつ。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

スートブロワ記念日

ボイラーなどの内部でゴミが固まり熱効率が落ちるのを防ぐために使われるスートブロワ(煤吹装置)。

その普及と知名度を高めるために兵庫県尼崎市のフコク機械工業株式会社が制定。

スートブロワはゴミ処理場などで使われると高温を保てるため、環境を守る一助にもなる。

日付はスートブロワの英文Soot Blowerの頭文字のSとBをその形から5と8に見立てて。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

童画の日

童画の生みの親、武井武雄の出身地である長野県岡谷市のイルフ童画館が制定。

日付は1925年(大正14年)5月8日「武井武雄童画展」が開かれ、この時、童画という言葉が日本で初めて使われたことから。

岡谷市ではイルフ童画館を中心に童画による児童文化、市民文化の発展を目指している。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

世界の記念日

ヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)(Victory in Europe Day)

1945年5月7日にドイツが第二次世界大戦の降伏文書に調印して連合国がヨーロッパにおいて勝利し、5月8日をもってヨーロッパにおける全ての戦闘が中止されたことを記念。

第二次世界大戦中に命を失った全ての人に追悼を捧げる日

2004年の国連総会にて制定。

5月8日・9日のいずれかまたは両日に、第二次世界大戦で命を失った人々全てに追悼を捧げるよう、国連加盟国、国連諸機関、NGOおよび全ての人に対し要請している。

父母の日(韓国)

元々は1956年から「母の日」として実施していたが、1973年から「父母の日」としている。

ノーソックスデー(No Socks Day)

世界中の何百万人もの人々が、柔らかくて美しい靴下を愛用しています。
日差しから足を守り、一日中快適に過ごせる素晴らしい発明だと思います。
冬の時期には最適な発明ですね

靴下を履くことは、足を常に快適に保護するための最良の方法です。
でも、知っていますか?特に暑い夏には、靴下が邪魔になることがあります。
そう、時には足を自由にしたいものです。

その自由を与えるために、楽しい休日を愛する人たちは、「ノーソックス・デー」を導入しました。

No Socks Dayは、世界中の人々が、足元の美しい砂を楽しみ、音楽を楽しみ、最高の瞬間を友人と共有する日です。
この日は、あなたの洗濯物を一組のソックスから解放する日です。
ビルケンシュトックや靴下を履いている太平洋岸北西部の愚か者たちのことは忘れて、No Socks Dayはあなたの足を自由にして、つま先を駐機場で味わうチャンスなのです。

しかし、よく考えてみると、ノーソックスデーでも靴下を履く場所は必ずあります。
人形劇をすることができるのです。
靴下は足にしか履けないなんて誰が言ったの?5月8日に家で何か楽しいことをしたいと思っているなら、靴下を手に履いて、自分だけのライブ人形劇を作ってみてはいかがでしょうか。
子供たちのためにも、自分自身のためにも、クリエイティブな方法で楽しみを作ることができます。
おかしな格好をしていても心配ありません。

また、靴下を使って、家中の掃除やホコリ取りをすることもできます。
ブラインドやキャビネットの上、暖炉など、家の中の手の届きにくい場所の掃除に最適です。
靴下を手にはめて、さっそく掃除してみましょう。
掃除をした後は、いつものように洗濯機に入れればいいのですから。

電車の日(Train Day)

世界中の田舎を何千キロも横断して、遠く離れた場所に荷物や乗客を運び、同じものを元の場所に持ち帰っている。

銀色に輝く2本の線は、都市や森、山や平原を通り抜けて、荷物や人を必要としている人にすべてを届けるために、その道筋を示している。
もちろん、私たちが話しているのは列車のことです。列車は多くの歴史に影響を与え、世界中の経済や産業に素晴らしい貢献をしてきたパワフルな機械です。

Train Dayは、この美しい機械と、私たちの生活の中で果たす役割を記念する日です。

世界ロバの日(World Donkey Day)

魚が飛び、森が歩いていた時代
いちじくがいばらの上に生えていた。
月が血に染まったある瞬間
その時、きっと私は生まれた。
G.K.チェスタトン『ロバ』より


世界ロバの日は、馬科の動物の中でも最も永続的で尊敬すべき動物の一つに敬意を表す日です。
歴史的に見ても、最も困難な地形や厳しい気候の中で、馬や重荷として世界中で活躍し、誇りと耐久性を持ってそれを実現してきました。
「世界ロバの日」では、ロバの頑固な性格を称えるとともに、ロバの他の特徴も称えています。

ロバの2つの亜種、ソマリアンとヌビアンが交配され、現代のロバが誕生しました。
紀元前4000年頃、おそらくヌビアで、それまで使っていた牛よりも汎用性が高く弾力性のある荷馬車用の動物として、人類とともに働いていたことを示す証拠があります。
それ以来、文化の移り変わりや世界の拡大に合わせて、世界中で飼育され、移植され、今ではあらゆる場所で見られるようになりました。

また、馬とロバを交配して両者の長所を併せ持つようになった不妊ラバの祖先でもあります。
残念なことに、ラバはほとんど不妊であり、例外は非常にまれであるため、純粋なラバの繁殖は実現していませんが、その理由のひとつは、繁殖可能なラバの種牡馬がまだ記録されていないことです。
不思議なことに、メスのラバが馬と交配して、見た目には純然たる馬を産んだケースもあります。

ロバの助けがなければ、現代の世界が成立していたとは考えられません。
蒸気や電気が登場する前に、このたくましい家畜が文明に富をもたらす原動力となったのである。
そのため、多くの人々はロバを、文字や陶器、冶金などと同じように、私たちの社会の基礎と考えています。

世界ロバの日」は、ロバのストイックな精神と個性的な魅力を讃える日です。
ロバは、過酷な労働を恐れない生き物です。それどころか、ロバがその概念を生み出したといっても過言ではありません。
ロバは、他の種があきらめてしまった後でも、カートを引いたり、工場を運営したり、何マイルも荷物を運んだりします。
だからこそ、ロバは私たちの心の中に特別な場所を持っているのです。彼らは、感謝すべき人間の主人である私たちのために、(無報酬で)努力を惜しみません。

世界ロバの日」は、砂漠の動物を専門とする科学者、ラジック・アーク氏の発案によるものです。
10年ほど前、彼は、世界中の人々の生活の質の向上に貢献している謙虚なロバを、誰も祝福していないことに気づきました。
そこで彼は、Facebookのグループを立ち上げ、世界中のロバの試練や苦難を記録しました。
最終的には、2018年に「World Donkey Day」を設定するというアイデアが浮上し、それ以来、この日を祝っています。

このコンセプトは、メディアで広く注目されました。
例えば、「Daily Express」は、人々がロバについて知らない10の事実を取り上げた記事を掲載しました。メスのロバがジェニーと呼ばれていることを知っていますか?
また、ArkのFacebookページには何千人ものフォロワーがいて、この素晴らしい生き物への支援を表明しています。

ロバは人類の歴史の中で重要な役割を果たしてきました。
アークは、彼らを “貴重な遺伝資源であり、自然からの偉大な贈り物 “だと言っています。
これ以上の褒め言葉はありません。

卵巣がんの日(Ovarian Cancer Day)

癌について考えることは、決して楽しいことではありません。
しかし、私たちの生活の中には癌の脅威がつきまとっていますが、今では反撃するための科学的手段を手に入れています。
卵巣がんは、特に有害で、誤解されている病気です。
卵巣がんの日は、世界中の女性たちが集まって、この病気に対する意識を高め、闘いを支援する機会となるでしょう。

卵巣がんは、毎年、世界で約14万人の死亡原因となっている重大な疾患です。
しかし、他の多くの婦人科疾患と同様に、特に一部の発展途上国では、この病気についてあまり理解されていません。
そのため、チャリティ団体Target Ovarian Cancerは、この病気を患う女性の窮状を訴え、希望を与えるための世界的な取り組みである「卵巣がんの日」を主導しました。

卵巣がんの日」は、政府や民間機関がこの分野により多くの資源を投入するきっかけになることを主催者は願っています。
十分な資金と科学的な調査が行われれば、他の癌と同様に生存率は改善されます。

卵巣がんは、卵巣(女性の卵細胞が入っている袋状の組織)に発生し、さまざまな合併症を引き起こします。
卵巣がんになると、腹部の膨満感、摂食障害、腹部の痛み、尿意の増加などの症状が現れます。
卵巣がんは世界で8番目に多いがんであるにもかかわらず、医師はいまだに誤診することが多いのです。
卵巣がんは世界で8番目に多い病気ですが、医療関係者の間では未だに誤診が多く、認知度の向上と診断機器の改善が求められています。

バックファースト・デイ(Buckfast Day)

赤と白のワインは、歴史的に長い間、伝統的で上品な飲み物として親しまれてきました。
多くの人がワインを祝い、楽しんでいますが、スコットランドでは多くの人に楽しまれているユニークな調合ワインが存在し、驚くべきことに、それはカフェイン入りなのです!

バックファストは、この美味しいワインの名前で、毎年、この特別なワインの歴史を祝い、そのフルーティーなタンニンの味を楽しむ様々な人々が世界中にいます。

バックファスト・トニック・ワインは、1960年代にさかのぼり、スコットランドの伝統の一部となったカフェイン入りのワインである。
当初は健康増進のためのハーブ療法として作られていたため、通常のワインではなくトニック・ワインに分類されているのだ。

しかし、もともとはイギリスで誕生した。
バックファストは、1890年代にバックファスト修道院のベネディクト派の修道士によって、南イングランドで作られ、流通していました。その後、修道院はこのワインを作るライセンスを失い、現在はJ.Chandler & Company(イギリス)とGrants of Irelandが販売している。
しかし、実際には元の修道院に加えて、需要に応じて追加の場所でもワインが作られている。

さらに、この飲み物の起源はフランスのレシピにありますが、イギリスやフランスから来たにもかかわらず、スコットランドでは、特にグラスゴーの街で、この酒精強化ワインのようなものが飲まれています。

バックファースト・デーは、この興味深いアルコール飲料についてもっと知り、試してみるのに最適な機会です。

フェアトレード・デー(Fair Trade Day)

第一世界に住む私たちは、コーヒー、バナナ、ジーンズ、スニーカーなどを当たり前のように食べていますが、他の国にはそれほど幸運ではない人々がたくさんいます。
毎日、アジア、アフリカ、南米のさまざまな国で、何万人もの人々が、男性、女性、そして子どもまでもが、ほとんど耐えられないような状況で、小銭のために身を粉にして働いているからこそ、私たちはそれらを享受し続けることができるのです。

しかし、世界には、どこに住んでいるかにかかわらず、誰もがきちんとした賃金と労働条件を得るべきだと考える人たちがたくさんいて、そのような人たちがフェアトレード・デーを作ったのです。
フェアトレード・デーは、フェアトレード運動の目的と成果に注目することを目的とした世界的なイベントです。

フェアトレード運動は、特に発展途上国の労働者や小規模生産者の生活を向上させるために、彼らの権利を主張し、国際貿易における彼らの認知度を高めることを目的としています。
また、消費者の皆様にも、既存の商品に代わるフェアトレード商品を選ぶことで、キャンペーンに参加していただきたいと考えています。

世界フェアトレード・デーは、世界フェアトレード機構(WFTO)によって2004年に制定されましたが、WFTO自体はその15年前の1989年に設立されました。

WFTOは70カ国以上、324の組織からなる世界的な団体で、フェアトレード・デーは毎年5月の第2土曜日に開催され、貧困や搾取、気候変動、そして世界で最も弱い立場にある人々に最大の影響を与える経済危機との戦いに具体的に貢献するものとして、フェアトレードを称える世界規模の包括的なイベントの祭典となっています。

WFTOのトップ10の優先事項は以下の通りです。

経済的に不利な立場にある生産者の機会創出
透明性と説明責任
公正な取引の実施
適正な価格の支払い
児童労働や強制労働の禁止の徹底
差別の禁止、男女平等、結社の自由への取り組み
良好な労働条件の確保
能力開発の提供
公正な取引の推進
環境への配慮
WFTOは、世界的な危機が、地域的にも世界的にも公正で持続可能な経済の必要性を裏付けていると考えます。
貿易は、最も弱い立場にある人々に利益をもたらし、小規模で不利な立場にある生産者に機会を提供することで、持続可能な生活を実現しなければなりません。

何百万人もの生産者や取引業者、企業や政策立案者、支援団体やボランティアが、世界的なフェアトレードの大幅な成長に貢献しています。

ベリーダンスの日(Bellydance Day)

ベリーダンスの日には、立ち上がって体を、特にお腹を揺らしてみましょう。
ベリーダンスという芸術は、面白い名前ですが、歴史上最も尊敬されているダンススタイルの一つで、世界中で様々な形で行われています。
いくつかの国では、文化の一部にもなっています。

このタイプのダンスでは、ダンサーは胴体を使って複雑な動きをします。
華やかな衣装を身にまとっていることが多く、見る地域によって衣装や踊りのスタイルが異なるのも特徴です。
この日は、この素晴らしいダンススタイルのすべてを祝うために作られました。

ベリーダンスは、中東で生まれたと言われていますが、確かな証拠を見つけるのは難しいです。
しかし、古代ギリシャ・ローマ時代の文献には、このダンススタイルの特徴であるダンサーのうねるような動きやカスタネットの演奏について書かれたものが多数あり、そのルーツが古代にあることは間違いありません。

18世紀には、ヨーロッパの旅行者がエギプトで見たダンサーがこのトルセを中心としたダンスをしていたことが語られ、オスマン帝国では、スルタンの宮殿での娯楽としてベリーダンスがよく踊られていたことが書かれています。

現在、ベリーダンスは、庶民的な娯楽ダンスとして、また芸術的なパフォーマンスとして利用されています。
もはや中東だけのものではなく、西欧にも渡り、オリジナルのスタイルには様々な解釈が存在しています。

フリー・トレード・デー(Free Trade Day)

自由貿易は経済学でよく議論されるテーマですが、専門家以外では自由貿易とは何かを知っている人は多くありません。
もし、あなたが素晴らしい学習の機会を探しているなら、Free Trade Dayはあなたのチケットです。
自由貿易デーでは、自由貿易とは何か、なぜそれを支持する人がいるのか、そして世界におけるその歴史的影響について学びます。

自由貿易デーでは、税金や貿易障壁のない世界はどのようなものかを強調します。
また、このような経済思想とその社会的影響について人々が学ぶことを奨励することも目的としています。

経済学は複雑な社会科学であり、その中心となるテーマ(需要、供給、税制)は、さまざまな立場の論者によって議論されています。
自由貿易の日は、現代の経済論議におけるそのような視点のひとつです。

歴史的に見ると、自由貿易運動は、貿易がアメリカの政治において多様な問題となっていた19世紀に始まりました。
南北戦争の頃、北部の貿易業者が南部の競争相手から自分たちの貿易を守りたいと考え、高い関税がかけられるようになりました。

南部の貿易業者は、綿花を輸出するために開放貿易政策を選択しました。
自由貿易の概念が本格的に始まったのは、1980年代の自由貿易協定からである。
自由貿易の考え方が進んだのは、外国貿易への関心と第二次世界大戦後の経済状況により、関税率が低下したからである。

その後、90年代、2000年代に入ると、自由貿易が話題になった。
これにより、企業が生産を国際化することで、経済的な議論が行われるようになりました。
自由貿易デーでは、自由貿易を支持し、自由貿易を再導入して関税障壁を取り除くことを主張しています。
消費者にとっては価格の低下、生産者にとっては成長の機会がもたらされるという考えを支持しています。

自由貿易デーは、貿易システムや世界市場の全体像について人々に教えることを目的としています。
自由貿易の日は、毎年、世界各国からの購入を奨励することで祝われます。

アイリス・デイ(Iris Day)

皆さん、アイリスの香りを嗅いでみましょう。
少なくともいくつかの点では、ほこりをかぶった古いバラよりも優れています。

春の日に咲く玉虫色の花の新鮮で豪華な輝き、空気中を探し回る元気で震えた好奇心旺盛な茎、そして魅惑的な虹色の輝きは、誰もが目を奪われる光景です。
アイリスの名前はギリシャ語の「虹」に由来しており、神話に詳しい人なら、アイリスは神々の使いであり、海と空をつなぐ存在であり、いわば虹のグライダーであると言うでしょう。

そう考えると、今すぐガールフレンドや母、娘、妹にアイリスをたくさんプレゼントしようという気になりませんか?
なぜなら、アイリス・デーには、大切な人にたくさんのアイリスを持っていけば、すべてが許されるからです。
もしあなたがいたずらをしていたなら、今こそ親切にしてあげましょう。

5月8日はこんな事もありました。

1429年 百年戦争でジャンヌ・ダルクに率いられたフランス軍が大勝利、オルレアンを包囲していたイギリス軍が撤退。

1559年 エリザベス英女王が礼拝の方法を統一する「教式統一令」を発布、英国国教会が確立。

1615年 豊臣秀頼と淀殿が自刃し大坂夏の陣が終結、豊臣家が滅亡。(新暦6月4日)

1794年 フランス革命、かつて徴税吏であった化学者アントワーヌ・ラヴォアジエに対し革命裁判所が死刑判決を下し、その日にうちにギロチンで処刑する。

1861年 南北戦争、リッチモンドがアメリカ連合国(南軍)の首都となる。

1872年(明治5年4月2日) 文部省博物局が湯島の昌平坂学問所講堂跡に日本初の公共図書館である書籍館を開設。

1886年(明治19年) アメリカ・アトランタの薬剤師ジョン・ペンバートンが「コカ・コーラ」の発売を開始。

1902年(明治35年) 台湾島民が日本国籍に編入される。

1945年(昭和20年) 第二次世界大戦、前日のドイツの降伏文書調印を受け、ヨーロッパの西部戦線で停戦。(VEデイ、ヨーロッパ戦勝記念日)

1954年(昭和29年) アジアサッカー連盟設立。

1968年(昭和43年) 厚生省が富山県神通川のイタイイタイ病を公害病に認定。

1970年(昭和45年) ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。

1979年(昭和54年) NECが8ビットパソコンPC-8001を発表、9月発売。パソコン時代の幕開け。

1980年(昭和55年) 世界保健機関(WHO)が、地球上から天然痘が根絶されたと宣言。

1984年(昭和59年) ソ連がロサンゼルス五輪の不参加を発表。

1986年(昭和61年) イギリスのチャールズ王太子とダイアナ妃が来日。

1987年(昭和62年) 俵万智の第一歌集『サラダ記念日』発刊。ベストセラーに。

1993年(平成5年) 横浜市の八景島シーパラダイスが開園。

2002年(平成14年) 北朝鮮亡命者が中国瀋陽にある日本国総領事館へ駆け込む事件が発生。

コメント

タイトルとURLをコピーしました