5月18日 今日は何の日 毎日の記念日・行事・過去の出来事をチェック

今日は何の日5月18日 ビジネス雑記

おはようございます。
にちようびブログのりょうです。

5月18日に誕生日の人おめでとうございます。

このページでは5月18日の記念日や行事、過去の出来事を書いています。
朝礼やスピーチに役立つ毎日のネタ帳に使ってください。

5月18日の記念日・行事

国際親善デー

1899年のこの日、ロシア皇帝ニコライ2世の提唱でオランダのハーグで第1回平和会議が開催された。

日本を含む26か国が参加し、「国際紛争平和的処理条約」や「陸戦の法規慣例に関する条約」等が結ばれた。

日本では1931年から実施、国際交流を通して平和を実現することが目的。

国際博物館の日

国際博物館会議(ICOM)が1977年(昭和52年)に制定し、1978年(昭和53年)から実施。日本では日本博物館協会を主体として2002年(平成14年)から参加している。

第11回大会は5月18日から29日まで開催されたことから、5月18日が「国際博物館の日」となったとされる。

博物館の存在を広く市民にアピールすることが目的

ことばの日

横浜みなとみらいBUKATSUDO連続講座 言葉の企画2019」の企画生らが制定。

「ことば」を大切に使い、「ことば」によって人と人とが通じ合えることに感謝し、「ことば」で暮らしをより豊かにすることが目的。

日付は言葉の「葉」が5月の新緑の瑞々しさを表しているとの思いと、5と18で「こ(5)と(10)ば(8)」と読む語呂合わせから。

漢字の「言葉の日」ではなく、ひらがなの「ことばの日」としたのには手話や点字など広い意味での「ことば」を知ってもらいたいとの思いが込められている。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

消費者ホットライン188の日(いややの日)

消費者庁が制定。電話番号の「188」をダイヤルすると地域の消費生活相談窓口につながり、消費者トラブルの未然防止や解決に向けて相談に乗ってくれる「消費者ホットライン188」。

「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者ホットライン188イメージキャラクターの「イヤヤン」と一緒に、多くの国民に消費者ホットライン188を知ってもらい、活用してもらうのが目的。

日付は、1988年より続く「消費者月間」が5月であることと、ホットラインの188の頭二桁の18を組み合わせて5月18日に。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

MIBの日

さまざまなエンタテイメント事業を展開する株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが制定。

同社が配給する映画『メン・イン・ブラック』(Men in Black=MIB)シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が2019年の夏に公開されることを記念して。

「MIB」は映画に登場する地球上のエイリアンを取り締まる秘密組織のことで、日付は「MIB」の「M」を英語で5月のMayの頭文字から、「I」と「B」をそれぞれ数字の「1」と「8」に見立て、合わせて5月18日に。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

こりを癒そう「サロンパス」の日

「サロンパス」などの外用鎮痛消炎貼付剤を中心とした医薬品などを手がけ、貼る治療文化を世界へ届ける久光製薬株式会社が、新しくなった「サロンパス」の発売を記念して2015年に制定。

貼って筋肉のこりや痛みをほぐす代表的な医薬品ブランドである「サロンパス」のPRと、肩こりに対する正しい知識の普及が目的。

日付は5と18で「コ(5)り イヤ(18)す」と読む語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

ネット生保の日

インターネットで生命保険を販売する「ネット生保」のリーディングカンパニーであるライフネット生命保険株式会社が制定。

「ネット生保」を広く認知してもらうことで、消費者にとっての生命保険の加入方法の選択肢を増やすことが目的。

インターネットの活用で24時間365日の申し込みを可能にし、手頃な生命保険料を実現している。

日付はライフネット生命保険株式会社が営業を開始した2008年5月18日から。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

防犯の日

日本で初めての警備保障会社として1962年に創業したセコム株式会社が制定。

セキュリティのトップカンパニーとして社会の安全化に努めてきた同社の、企業や家庭、個人の防犯対策を毎月この日に見直して「安全、安心」に暮らしてもらいたいとの願いが込められている。

日付は18の1を棒に見立てて「防」、8を「犯」とする語呂合わせから毎月18日とした。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

18リットル缶の日

全国十八リットル缶工業組合連合会が制定。

日付は18リットル缶(通称・石油缶、一斗缶)は従来5ガロン缶と呼ばれていたが、18リットル缶に名称が統一されたことから、5ガロンの5と、18リットルの18から5月18日を記念日としたもの。

一般社団法人 日本記念日協会より引用

世界の記念日

ミュージアム・デー(Museum Day)

世の中で博物館ほど教育的な場所はありません。
私たちの祖先について多くの物語を語る実際の歴史の断片を、これほど多く目にすることができる場所が他にあるでしょうか。
先史時代の槍からエジプトのミイラまで、古代ギリシャの彫刻から中世の鎧まで、そして最初のラジオから第一次世界大戦中に戦争で使われた最初の飛行機まで、博物館にはすべてが揃っています。
しかし、残念なことに、美術館に直接行くことができるにもかかわらず、一度も訪れたことのない人が何百万人もいるのです。

古いものを見るだけではつまらないと思っているのかもしれないし、過去の世界がどれほど違っていたかを知らず、興味を持つ理由がないのかもしれない。
博物館が提供する膨大な量の具体的な知識を活用しない理由が何であれ、また年齢に関係なく、ミュージアム・デーは最も魅力的な形の教育に投資する機会です。

多くの人は、現代のテクノロジーが必要な答えをすべて与えてくれるのに、なぜミュージアム・デーのようなものに投資するのかと考えるかもしれません。
その答えは、ちょっとしたGoogle検索で得られます。

今の時代、何か答えを見つけたいと思ったら、ネットで検索すればすぐに答えが見つかるでしょう?
しかし、その答えが間違っている可能性もあるということを理解しておく必要があります。

2016年に行われた「ネットで見つけた歴史的事実のうち、どれだけが真実であるか」という調査では、衝撃的な結果が出ました。
2016年11月現在、ネット上で入手できる歴史的事実のうち、48%以上が不正確、もしくは全くの誤りであるという結果が出ているようです。
このことを考慮すると、あなたは他の場所に賭けた方がいいかもしれません。

結局のところ、教育は重要ですから、「ミュージアム・デー」のような日は、あなた自身やあなたの子供たちがワクワクするものであるべきです。

国際博物館協議会(ICOM)が1977年に制定した「国際博物館の日」。
この組織は、毎年異なるテーマを選んで、その日のコーディネートを行っています。
テーマの中には、グローバル化、先住民、文化的ギャップの解消、環境への配慮などがあります。

1977年から毎年、世界のすべての博物館がこの日に参加し、その年のテーマに沿った楽しくて無料の活動を行い、世界の博物館の役割を促進しています。

国際博物館の日は、創設以来、着実に人気を高めており、2009年の国際博物館の日には、90カ国以上、2万の博物館が参加しました。
2012年の参加館数は129カ国、3万館にまで増えました。

年を追うごとに、私たちは恵まれた社会に生きています。
テクノロジーに支配されているように見えても、かつてはごく限られた人たちだけが享受していたものが、今ではクールだと思われるようになっています。

約10年前には、参加者の数が徐々に増えていましたが、この5年間では、さらに急速に増えています。
なぜかというと、歴史がクールなものになったからです。

テクノロジー社会ではありますが、テクノロジーが世界を支配すればするほど、人々は失うことを恐れる世界とつながるものに惹かれるようになったようです。

今日、世界中の美術館・博物館を訪れる人の数はかつてないほど増えており、さらには、学位レベルで歴史を学ぶ人の数もかつてないほど増えています。

しかし、少し立ち止まって考えてみると、ミュージアム・デーが、新しい世代が歴史を再び好きになるための小さな役割を果たしている可能性はないでしょうか。

真実はその両方かもしれませんが、忘れてはならないのは、「博物館の日」は、人気がない日もあるかもしれませんが、重要視されるべきものであるということです。

前に進めば進むほど、残していくものも多くなります。
今ではすっかり過去のものとなってしまったものばかりですが、自分がどこにいたかを思い出すための何かがあれば、自信を持ってこれからの旅に出ることができるのではないでしょうか。

No Dirty Dishes Day

せっかくの楽しい食事が台無しになってしまうのは、食事の後に食器を洗わなければならないからです。
洗い物をしなくてもいい日があったらいいですよね?それが「No Dirty Dishes Day」なのです。

家で料理をせずに、近所のレストランで食事をするのもいいし、食器や銀食器を使い捨てにするのもいいでしょう。
いずれにしても、「No Dirty Dishes Day」には食器を一切使わないことが目標です。

使い捨ての食器は、最近になって登場したものではありません。
紙皿は、1867年にヘルマン・ヘンシェルによって発明されました。
当時は便利さを追求したものでしたが、1908年には公衆衛生上の問題となりました。
この時代、結核が深刻な問題となっていた。

サミュエル・J・クランバイン博士は、自分の患者が共用の水源から水を飲んでいるのを見て、何かを変えなければならないと考えた。
彼は、公共の水源で使われている一般的な器具をなくす運動を展開した。
これをきっかけに、発明家のヒュー・ムーアとローレンス・ルエレンは、現在最も人気のある使い捨てカップのひとつである「ディキシー・カップ」を開発した。

この発明をきっかけに、使い捨てのボウルや皿、食品を包む紙、木製のカトラリーなど、使い捨ての食器が爆発的に増えました。
これらは、橋やダム、道路などの遠隔地で働く人々に食事を提供する一般的な方法となりました。
また、1940年代には防衛工場の建設が盛んになり、そこで働く人々の食事にも使い捨ての食器が使われました。

No Dirty Dishes Dayのもう一つの選択肢であるレストランは、人類が集まってきた頃から存在していました。
誰かに料理を作ってもらい、後片付けをしなくてよいという便利さが、これらのビジネスの大きな魅力でした。
また、食事を楽しみながら他の人と交流できることも大きかったようです。

親戚を訪ねる日(Visit Your Relatives Day)

家族を選ぶことはできない」ということわざがあります。

親族訪問の日は、自分を育ててくれた人たちと人生を分かち合い、彼らが必要なサポートを受けられるようにするための素晴らしいチャンスです。

幸いなことに、私たちの多くは子供時代や大人になってからも家族との楽しい思い出を持っています。
家族で旅行に行ったり、兄弟と遊んだり、喧嘩をしたこともあるでしょう。
また、ボードゲームに夢中になったこともあるでしょう。

確かに、人生は忙しいものです。 私たちは、家族、キャリア、人間関係など、貴重な時間を割く仕事をこなすために、常に奔走しています。
しばしば、重要なことを後回しにして、後でやろうと思うことがあります。
そうすることもあれば、そうしないこともあります。

しかし、皮肉なことに、家族との連絡はかつてないほど簡単になりました。
デジタルコミュニケーションの大きな進歩のおかげで、家族は電話やメール、ビデオ通話ですぐに呼び出すことができます。

昔は、手紙や電報が届くまで何週間も何カ月も待ったものですが、今はスマートフォンを手に取り、ボタンを押すだけで家族の顔を見ることができます。
これは、人との関係を維持し、日々のつながりを保つ上で非常に重要なことです。
家族が異なる都市や国から連絡を取り合うことが容易になったのは確かです。

人間は物理的な相互作用に長けているので、顔を合わせての交流に代わるものはありません。
近くにいる親戚、遠くにいる親戚と物理的に連絡を取り合うことは、私たちの健康と幸福にとって非常に重要です。
また、お互いに再会し、思い出や共通の歴史を祝う機会にもなります。

時が経つにつれ、家族はどんどん増えていきます。
だからこそ、新しい家族と一緒に思い出を作るために、あらゆる機会を利用する必要があるのです。
甥っ子や姪っ子、いとこたちが、あなたのことを電話の声やウェブカメラの中の浮いた存在としてしか知らないようでは困ります。

また、親戚を訪ねることで、無条件の愛とサポートという、家族の持つ真の偉大な利点のひとつを体験することができます。
さらに、昔のモノポリーの点数に決着をつけることもできるかもしれません。

「Visit Your Relatives Day」は、家族とのつながりを維持し、新たなつながりを築くための絶好の機会です。

孤独を感じたとき、ほとんどの人には、困ったときに頼れる家族がいて、喜んでその人たちのために行動します。

そんな大切なことをおろそかにするには、人生はあまりにも短いのです。
作家のアンソニー・ブラントが言ったように、”他のものが私たちを変えるかもしれないが、私たちは家族に始まり、家族に終わる “のだ。

今も昔も、家族にまつわる伝統や価値観を持たない文化や宗教はありません。
世界各地で生活することが当たり前になった今、連絡を取り合うことは、自分の歴史や文化との密接な関係を維持するための手段です。

昔は、家族というものが非常に重要視されていました。
どんな仕事に就くか、誰と結婚するか、その他の機会を得るためには、家族が重要な役割を果たしていました。
幸いなことに、現在ではそのようなことはなく、ほとんどの人が自分の実力で成功しています。
しかし、家族からの愛情やサポートが重要であることに変わりはありません。

デジタル技術のおかげで、大切な人と連絡を取ることがこれまで以上に簡単になりました。
FaceTime、WhatsApp、Eメールなど、さまざまな方法を使って、生活のあらゆる瞬間を彼らと共有することができます。

電話や電子メールで連絡を取り合うのも良い方法ですが、大切な人と直接会って話をするという特別な時間を、デジタルコミュニケーションで完全に代替することはできません。

親族との緊密な連絡は、病気を克服したり、寿命を延ばしたりするのにも役立ちます。
社会的な接触は、うつ病を軽減し、免疫システムを強化する効果もあります。
高齢の親族と一緒に質の高い時間を過ごし、彼らが元気で幸せであることを確認することは、彼らがこれからもずっと私たちと一緒にいることを可能にします。

家族が増えても、家族の絆を強く保ち、次の世代に素晴らしい思い出を残すために、一緒に時間を過ごすことが大切です。

5月18日はこんな事もありました。

1333年 鎌倉で新田義貞率いる反幕府軍と北條高時率いる鎌倉幕府軍の合戦が始る、5月22日に北條一族の自刃・鎌倉幕府滅亡で終結。(新暦6月30日)

1756年 イングランドがフランスに宣戦布告、七年戦争が始る。

1804年 フランス上院がナポレオン・ボナパルトを皇帝に推挙。

1869年 榎本武揚らが最後の拠点・五稜郭を開城し維新政府軍に降伏、戊辰戦争が終結し維新政府が全国を統一。(新暦6月27日)

1896年(明治29年) アメリカ最高裁がプレッシー対ファーガソン裁判で、「公共施設での黒人分離は人種差別に当たらない」(分離すれども平等)とする判決。

1897年(明治30年) ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』が発刊。

1899年(明治32年) ハーグで第1回万国平和会議が開会。

1933年(和8年) フランクリン・ルーヴェベルト米大統領のニューディール政策の重要政策「テネシー川流域開発公社(TVA)法」が成立。

1974年(昭和49年) インドが初の地下核実験、米英ソ仏中に続く6番目の核保有国に。

1980年(昭和55年) セント・ヘレンズ山が噴火、北半球の気象に甚大な影響を及ぼす。

1984年(昭和59年) 「著作権法」改正法が成立、貸しレコードなどを規制。

1990年(平成2年) フランスの高速鉄道TGVが鉄道の世界最高速度515.3km/hを記録。

1991年(平成3年) 国産の高速増殖炉「もんじゅ」が完成し試運転を開始。

1995年(平成7年) 「気象業務法」改正施行、気象予報士の制度が創設される。

2007年(平成19年) 「日本国憲法の改正手続に関する法律」(国民投票法)公布。

2018年(平成30年) 藤井聡太が竜王戦4組に昇級、竜王ランキング戦連続昇級の昇段規定を満たし、史上最年少(15歳9ヶ月)の七段となる。

2018年(平成30年) アメリカ合衆国テキサス州でサンタフェ高校銃乱射事件が発生、10人死亡。

コメント

タイトルとURLをコピーしました